アンプル、バイアルなどの薬剤に貼付されたRFIDタグにより、トレー内の全ての薬剤のトレースが可能となります。薬剤単位での使用履歴、薬剤の所在、使用期限、リコールなどの管理を瞬時に行います。

キットチェック社の創業者の1人であり、現CEOのケビン・マクダネル(Kevin MacDonald)は、RFIDの黎明期から課題であった「正確かつ迅速に複数のタグを読込む」、と言うRFID最大の課題に取組んできました。
Kevinは、2005年に日本初のRFID実証試験施設である「Noisyラボ・ジャパン」の設立にも携わっていました。

Kit CheckのBlueBoxと呼ばれる読取機は、電磁波を遮断した密閉空間でRFIDを読ませる事により、電波干渉、外部雑音を遮断し、安定した高い精度での読取を実現しました。また医療現場で不要な電磁波の漏れも発生することなく、安全に使用できる事も特徴です。



  

Scanning Station
Kit Checkの読取り機器(BlueBox)で瞬時にエラーフリーで
混在する複数薬剤の情報を一括で読取ります。


キットチェック社へご連絡を






キットチェック・ジャパン LLC