Kit Checkは多くの医療関係者の問題解決の中から生まれました。最新の技術を容易に使え、且つ多くのメリットを得る事の出来るソリューションを提供している事例をご紹介します。

Kit Checkは3つのメリットをもたらします。

1.効率化
 薬剤のキッティング、回収、リ・ストッキングなどの作業時間の大幅な短縮ができます。また1台のシステムで、OR薬剤と救急カート薬剤の運用が薬剤部で一元管理できます。

2.在庫の削減
 薬剤の使用量、定数管理棚の過不足、期限切れ回収薬剤の状況などが随時掌握でき、在庫確認の手間も無く、常に適正な在庫管理ができます。

3.安全管理
 使用期限切れ薬剤の掌握、キッティングの確認、使用量の管理などが全て薬剤個々単位で管理されます。 このため不明薬剤が100%無くなり、麻酔薬、向精神薬などの管理薬剤のトレースと安全管理、紛失防止が可能となります。



Kit checkの導入事例

オハイオ州リマにあるセントリタ・メディカルセンターは24時間オープンの425床の規模を持つ病院です。 236トレーを使い薬剤を準備しているが,回収された薬剤を倉庫に戻す際の有効期限の管理にトレー当り30分もの時間が掛かっていた。

セントリタ・メディカルセンター



当病院で薬剤キットの準備を手作業で行っていたのをKit Checkを使い自動化を行いました。
これにより、回収薬剤の再在庫と同時にキッティング作業が行えるため
76.5%もの時間を削減する結果を得ました。


イリノイ州の3ヵ所にある州最大の病院で、353床で、16の手術室を持つ病院で、当院では1日当り300トレー分の薬剤を準備している。
しかしながら、キットの種類が13種類のタイプがあり、薬剤の適正在庫の管理に頭を痛めていた。
どの薬がどのケースでよく使われるかの分析を
Kit Checkの統計データが示しており、これにより予想もしなかった在庫の適正化が行なえた。

エドワードエルムハースト病院


Kit Check導入の当初の目的は医療従事者の労働時間の短縮と
キッティング業務の精度向上の為であった。
KitCheck導入の結果として、今まで全く統計データの無かった薬剤の使用分析結果から
在庫をしていた85種類の薬剤の10.3種しか主に使っていない事が判明した。
その結果、25%の在庫削減と85種から64種に薬剤品目を減らすことが出来た。
その削減効果はキッティング業務の効率化を加えると、
キット当り800ドル~1,000ドルに相当するコストダウンとなった。







た。

サリーナスバレー・メモリアル病院

.


OR内の麻酔薬管理の為、麻酔管理者は術後の夜間に手作業で3時間以上の
時間を掛け、薬剤の補填をしなければならなかった。
これは薬剤師に多くの負担を掛け、間違いを誘発する懸念から労務問題にまで発展した。
当初、麻酔管理システムを導入していたが、毎日のようにダウンが発生し使用に耐えなかった。
Kit Checkを導入して、83%も作業スピードが向上し、
在庫、回収、補充などが容易に、しかも高い精度で行えるようになった。

テキサス州、ヒューストンにあり、600床を持つ、全米で最大の子供専用の病院として最先端の取組を行っている。 
子供向け薬剤は発育に応じた個別管理が重要であり、Kit Checkが最適のシステムと評価して導入した。


テキサス・チルドレンズ病院


当院は、成人に比べ脆弱で注意を必要とする子供専用病院と言う特徴がある為、
患者に対するケアーには、より一層の時間と注意を注ぐ必要があります。
この事から、手作業に頼っていた薬剤のキッティングに関する時間と注意を
その分、患者に向ける事が出来ないかと考えていました。
Kit Checkの自動化により、平均80.4%の時間短縮が実現し、 薬剤の個別管理、
エラーリスクの削減もできました。 これにより、より多くの時間と注意を子供達に向ける事ができ、
全米一の子供専用病院としての高い評価を受け続ける背景ともなっています

キットチェック社へご連絡を