KitCheckのシステムはRFIDを使い麻酔薬などの薬剤トレーの煩雑な管理を自動化します。


RFIDとIoTテクノロジーを使い薬剤管理の可視性を高め、トレーサビリティと管理作業負担の軽減、そして安全性の向上を提供する目的で、KitCheck社は設立されました。 
薬剤キット管理システムと呼ばれ、手術における数百種類をこえる薬剤をキット化したトレーの準備管理を正確に行う事により、薬剤キット業務の効率化と安全性の向上、そして使用期限、リコール薬剤の個別管理を自動化する事を可能にしました。
これにより、今まで支援システムが全く無く、全て人の手作業に依存していた薬剤キットの運用に大幅な作業負荷の削減と煩雑さの解消を初めて可能にしました。
KitCheckは結果として、コストの大幅な削減そして安全性を飛躍的に高める事を実現した初めてのシステムで高い評価をうけております。


Kitcheckの主要コンポーネント

スキャニングステーションは外部からの電波の影響を受けず、且つ外部に電磁波を出す事無く、安定した閉鎖空間の中で薬剤トレーにキッティングされた各薬剤を一瞬で読込みます。
Pat.Pending

Read More

RFIDタグはパッシブ型で内容記載の無い小型のBasicタグと記載が出来るDetailedタグの2種類がロールで用意されており、用途によって使い分けができます。

.

Read More

管理アプリケーションはPlug-and-Playで導入が可能でネットワークに接続し、ユーザ登録を行うだけで使用可能となります。後は薬剤の登録とTagの準備が出来れば、直ちにシステムを使う事ができます。.

Read More

クラウドのテクノロジーを使い、医療向け規制に準拠したセキュリティ環境が提供されております。個人情などの不安もなく使う事ができます。また既存のSPDシステムとの接続もAPIを介して可能です。

Read More

キットチェック社へご連絡を